パソコン豆知識PC TIPS

パソコン豆知識 > データベース関連

データベース関連

Q.データベースの正規化とは何ですか?

A.データベースでは様々なデータベースを作成することが出来ますが、より無駄がなく、より効率的な良い表にすることをデータベースの正規化といいます。
正規化されたデータベースをランクによって 第一正規形~第五正規形と呼び、第一正規形~第三正規形がよく使用されます。

・主キー
データベースでは主キーと呼ばれるキーを設定する必要があります。
主キーとは一つの表で絶対に重複しない(一意な、ユニークなとも言う)キー(列)のことで、ユーザID、生徒番号、製品番号、シリアルナンバーなどが主キーとなることが多いです。

・データベースの正規化とは
データベース用の表1を作成した時に重複する項目が発生する場合が有ります。その重複した項目を別の表2に作成し主キーを設定するを繰り返して行います。
上記のような表1と表2の関係を「従属関係」と言います。

正規化を行うことでデータベースを軽量高速にすることも出来ます。


データベース関連へ戻る

バナースペース

株式会社オフィスサポート

【診断無料】格安パソコン修理・販売

〒851-2212
長崎県長崎市畝刈町278-5

TEL 095-850-1142
FAX 095-850-2017
URL http://www.pc-nagasaki.com
MAIL info@offices.jp
営業時間 平日9時~18時