パソコン豆知識PC TIPS

パソコン豆知識 > データベース関連

データベース関連

Q.データベースのリカバリ機能には何が有りますか?

A.データベースもデータである為データベースに障害が発生してしまうことが有ります。データベースの障害時にデータを復旧させる事ができるようにする機能をリカバリ機能と呼びます。
DBMSによって提供されるリカバリ機能は以下の2つです。

・ロールバック(roll back)機能
トランザクション中等に障害が発生した場合、障害発生時のトランザクションを取り消して正常な状態に戻すリカバリ機能です

・ロールフォワード(roll forward)機能
ロールフォワードを行うにはトランザクション時の更新前と更新後のデータのみ全て保存しておくファイル(ジャーナルファイル、ログファイル)を作成しておく必要があります。
障害発生時には、まず最新のバックアップに戻し、次にジャーナルファイルに保存されている、トランザクション処理を順番に適用していき、より、最新の状態へと復旧します。

一般的には一連のトランザクションが終了した時点でデータベースへ結果を保存します。この最終的な保存処理をコミットと呼びます。

リカバリ機能をより確実に行うために、定期的にバックアップを行わなくてはなりません。
データベースではバックアップ時に作成された記録をチェックポイントと呼びます。


データベース関連へ戻る

バナースペース

株式会社オフィスサポート

【診断無料】格安パソコン修理・販売

〒851-2212
長崎県長崎市畝刈町278-5

TEL 095-850-1142
FAX 095-850-2017
URL http://www.pc-nagasaki.com
MAIL info@offices.jp
営業時間 平日9時~18時