パソコン豆知識PC TIPS

パソコン豆知識 > データベース関連

データベース関連

Q.データベースの種類には何が有りますか?

A.データベースには記憶されているデータ同士の関係を表現するデータベースモデルという分類の方法が有ります。
・RDB(Relational DataBase:関係)モデル
データの関係を表形式で表現するモデルで表全体のことを関係(リレーション)、行を組(タプル)、列を属性(アトリビュート)といいます。通常のデータベースではRDBを使用します。

・階層モデル
データの関係を階層的に表現します。一つの親レコードに複数の子レコードが存在しますが、一つの小レコードに対しては一つの親レコードしか対応できません。

・ネットワークモデル
データを網(ネット)で表現します。一つの親レコードに対し複数の子レコードが存在し、一つの子レコードにも複数の親レコードが対応します。

・DBMS(DataBase Management System:データベース管理システム)
データベースの作成やバックアップやデータの保全等を行います。殆どの場合データベースソフトに初めから統合されています。
DBMSはデータベースソフトのミドルウェアにあたります。


データベース関連へ戻る

バナースペース

株式会社オフィスサポート

【診断無料】格安パソコン修理・販売

〒851-2212
長崎県長崎市畝刈町278-5

TEL 095-850-1142
FAX 095-850-2017
URL http://www.pc-nagasaki.com
MAIL info@offices.jp
営業時間 平日9時~18時