パソコン豆知識PC TIPS

パソコン豆知識 > コンピュータ・ハードウェア関連

コンピュータ・システム関連

Q.記憶階層とは何ですか?

A.プロセッサはメモリに記憶されているデータを読み取りながら処理をします。しかしプロセッサのレジスタ(SRAM)と比較するとメモリ(DRAM)のアクセス速度は遅いので高速のプロセッサと低速のメモリの間に中速のキャッシュメモリと呼ばれる一時記憶領域を作成し全体の高速化を図っています。

また、メモリ(DRAM)と比較しHDDは低速なので高速なメモリと低速なHDDの間にもキャッシュが有り、ディスクキャッシュと呼ばれます。

現在のパソコンではキャッシュメモリは1次キャッシュと2次キャッシュと2段構成になっており1次キャッシュ→2次キャッシュ→メモリというような順番でアクセスされます。

記憶階層とはこのデータアクセスの流れを階層化して表現したもので以下のような順番で表現されます。
レジスタ→キャッシュメモリ→メモリ→ディスクキャッシュ→HDD


コンピュータ・ハードウェア関連へ戻る

バナースペース

株式会社オフィスサポート

【診断無料】格安パソコン修理・販売

〒851-2212
長崎県長崎市畝刈町278-5

TEL 095-850-1142
FAX 095-850-2017
URL http://www.pc-nagasaki.com
MAIL info@offices.jp
営業時間 平日9時~18時