パソコン豆知識PC TIPS

パソコン豆知識 > コンピュータ・ハードウェア関連

コンピュータ・システム関連

Q.補助記憶装置とは何ですか?

A.コンピュータでは主記憶装置(メモリ)にデータを保存して使用しますがメモリの記憶容量には制限が有り全てを保存することができません。メモリに格納しきれないデータを保存するための装置を補助記憶装置と呼びます

代表的な補助記憶装置は以下の様なものが有ります。
・HDD(ハードディスクドライブ)
磁性体を塗った円盤(プラッタ、磁気ディスク)にデータを記憶します。高速で大容量です。

・光ディスク装置(MO・CD・DVD・BRなど)
光ディスク上にあるデータをレーザ光を使用し読み書きします。

・フラッシュメモリ(USBメモリ、SDカード等)
EEPROM(半導体メモリ)の一種で小型大容量なものが多いです

・SSD(Solid State Drive)
磁気ディスク方式ではなくフラッシュメモリ半導体で構成されています。HDDと比較し高速で高価ですが容量が小さいです。


コンピュータ・ハードウェア関連へ戻る

バナースペース

株式会社オフィスサポート

【診断無料】格安パソコン修理・販売

〒851-2212
長崎県長崎市畝刈町278-5

TEL 095-850-1142
FAX 095-850-2017
URL http://www.pc-nagasaki.com
MAIL info@offices.jp
営業時間 平日9時~18時