パソコン豆知識PC TIPS

パソコン豆知識 > コンピュータ・システム関連

コンピュータ・システム関連

Q.パス(Path)とは何ですか?

A.パスとは、とあるファイルがどこのフォルダの中の更にどこのフォルダの中に入っているのかを表すことが出来る文字列です。
例)C:\Users\新しいフォルダ\家計簿.xls ←これがパスです。
最初のC:\というのは「Cドライブの中の」という意味です。

Windowsではコンピュータ(マイコンピュータ)のアイコンを開くとローカルディスク(C)やDVDドライブ(D)などが存在していると思います。この括弧の中のアルファベットをドライブレターと呼びデータの最上部に位置することからルートディレクトリと呼ばれます。

例は「コンピュータ」を開き「C」を開き「Usersフォルダ」を開き「新しいフォルダ」を開くと家計簿.xlsが存在するという意味です。

今、開いているこの「新しいフォルダ」の事をカレントディレクトリと呼びます。「Users」を開いているときは「Users」がカレントディレクトリになります。

例として「Users」フォルダの中に「裏家計簿.xls」というファイルがあったとします。現在は「新しいフォルダ」を開いているとします。
この時に「裏家計簿.xls」を指定するパスの表示方法が2種類あります。

一つは最初と同様にルートディレクトリから記述する方式で絶対パスと呼ばれます。  「C:\Users\裏家計簿.xls」
もう一つはカレントディレクトリからの位置を記述する方式で相対パスと呼ばれます。  「..\裏家計簿.xls」(「..\」は一つ上のフォルダという意味です。ちなみに「..\..\」は2つ上のフォルダという意味になります。」)


コンピュータ・システム関連へ戻る

バナースペース

株式会社オフィスサポート

【診断無料】格安パソコン修理・販売

〒851-2212
長崎県長崎市畝刈町278-5

TEL 095-850-1142
FAX 095-850-2017
URL http://www.pc-nagasaki.com
MAIL info@offices.jp
営業時間 平日9時~18時