パソコン豆知識PC TIPS

パソコン豆知識 > コンピュータ・システム関連

コンピュータ・システム関連

Q.RASIS(レイシス)とは何ですか?

A.RASISとはコンピュータシステムを評価する上で重要視される5つの要素の総称でReliability(信頼性)、Availability(可用性)、Serviceability(保守性)、Integrity(保全性)、Security(機密性)の頭文字をとったものです。

具体的には以下の様なものが有ります。
・フールプルーフ(fool proof)
利用者のミスを未然に防ぐ対策のことで、例ではギアがパーキングに入っていないとエンジンが掛からない車等があります。

・フォールトトレラント(fault tolerant)
システムを構成する機器の予備を予め用意することで障害時にシステムを停止させないという考え方で、2つの手法が有ります。

・デュプレックスシステム(duplex system)信頼度中
予備のシステムを用意しておき障害発生時に切り替える手法で待機や切替の方式によりホットスタンバイ、ウォームスタンバイ、コールドスタンバイなどに分類されます。

・デュアルシステム(dual system)信頼度高
システムを複数用意して全てに同じ処理を行わせる方式で処理結果を比較(クロスチェック)行い不整合を処理します。

・フェイルセーフ(fail safe)安全性高
システム障害時に安全性を重視し一旦システムを停止し正常時に復旧する考え方で、例では信号機の故障で全てを赤にして事故を未然に防ぐなどが有ります。

・MTTR(平均修理時間:Mean Time To Repair)
複数回発生した修理にかかった時間を平均したもの。
・MTBF(平均故障間隔:Mean Time Between Failures)
修理が終わって次の故障が発生するまでの時間を平均したもの。
よって、システムの稼働率は「MTBF÷(MTBF+MTTR)」となります。
したがってシステムの稼働率を上げるには故障が起きにくくすることと修理時間を短くすることが肝要です。

システムの評価基準の一つとして応答時間(レスポンスタイム)があり、レスポンスタイムを計測することをベンチマークと呼びます。

システムの経済性を評価基準としてTCO(Total Cost of Ownership)がありますTCOはシステムの導入費用と運用コストを含んだ総所有コストになります。


コンピュータ・システム関連へ戻る

バナースペース

株式会社オフィスサポート

【診断無料】格安パソコン修理・販売

〒851-2212
長崎県長崎市畝刈町278-5

TEL 095-850-1142
FAX 095-850-2017
URL http://www.pc-nagasaki.com
MAIL info@offices.jp
営業時間 平日9時~18時